地球上で一番わかりやすいFX講座! > FX投資マインドの基礎! >  取引ルールは最低10回試してみる!

取引ルールは最低10回試してみる!

前回の記事で取引ルールは作ったほうがいいと紹介をしました。

それで取引ルールを作ったらテストで試してみると思うんですけど、
そのとき少なくとも10回は試してほうがいいと思います!

ここでは、その理由を紹介します!

少なくとも10回、できれば20回は使い続ける!

取引ルールを作って取引してみたら
予測が外れて損切りする結果になったとします。

その結果からこのルールはダメだと判断して、
また別のルールを探すようなことはしていませんか。

「負けることがあるのは当たり前!」でも書きましたが、
どんなすごいルールを作っても、毎回プラスになることはなくて、
損切りになることも当然あります。

それなのに1回だけ試して使えないと判断するのは、
ちょっと判断が早いような気がするんですよね。

取引ルールは少なくとも10回は使い続けたほうがいいです!

そのくらいは使い続けないと、
取引ルールの価値は判断できないと思います!

たとえば、FXの勝ちパターンである損小利大のトレードなら
きっちり損切りをするんで勝率は50%前後になると思います。

そうすると損切りは1回どころか5回連続起こっても
確率的には十分にあり得ることなんですね。

だからルールを使い始めて、いきなり5回連続損切りになっても
そのルールがダメだとはまだ言い切れないと思います。

ひとまず10回やってみて、
トータルで判断することをおすすめします!

もし5回連続の損切りで致命的なダメージを受けるようなら、
それは、そもそもレバレッジが高すぎるのかもしれません。

10回試すまでもなく、
そのルールはいずれ破たんするルールだったということです、、

自分に合うのか見極める!

同じルールを使い続けたほうがいい理由は他にもあって、
使い続けると自分に合うルールなのか分かってきます。

どんなに良いルールでも自分に合わなければ使い続けるのは難しいです!

だから自分に合うかどうかを意識しながら試すのがおすすめで、
ポイントは環境と性格に合うかどうかだと思います。

たとえば、取引ルールどおりに決済しようと思ったら、
ずっと相場を見ている必要があると分かったとします。

でも相場を長時間見ていられる環境でないなら環境を変えない限り、
そのルールを使い続けるのは難しいというのが分かります。

また別のルールを試してみたら、
取引チャンスが10日に1回程度しかないルールだと分かったとします。

思っていたより取引チャンスが少なくて、
性格的にどうしても待ちきれずルールを無視して無駄なトレードをしてしまうなら、
そのルールは使わないか、全く別のルールを追加して、
トレード回数を補うとか対策が必要になったりします。

これはルールの問題というよりも、自分に合うかどうかの問題ですね。

いくつ取引ルールを試していくうちに、
自分にはどんなルールが適しているのか、
だんだんと分かってくると思うので、
色々ルールを作って試していくのがおすすめです。

ページ先頭へ戻る

ヒロセ通商タイアップキャンペーン

当サイト経由の申込み数ランキング1位 DMMFX
スプレッドが業界最狭水準!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 外為オンライン
かんたん操作の自動注文機能!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 GMOクリック証券
ツール使いやすさ2年連続1位!