地球上で一番わかりやすいFX講座! > ゼロから始めるテクニカル分析! >  完璧に分析することはできない!

完璧に分析することはできない!

「テクニカル分析は天気予報に似てる!?」
テクニカル分析は天気予報に似ていると書きました。

これは本当にそのとおりで、
テクニカル分析は天気予報と同じで予測が外れることもあります。

テクニカル分析するには必須ではないですけど、
知っておいたほうがいいので一応書いておきたいと思います。

だましのパターンが必ずある!

テクニカル分析はチャートや指標を分析して、
売買タイミングを示すサイン(シグナルとも言います)をもとにトレードをします。

たとえば分析して買いのサインでていたら、
為替レートが上昇しそうな状態だということなので、
それをもとに買いの注文をするわけです。

でも買いのサインが出ていたにもかかわらず、
為替レートが逆に動いて下がってしまうことがあります。

このようなサインと逆に動く現象を投資の専門用語で「だまし」といいます。

どんな精度の高い分析をしても、どんなに上級者でも
だましのパターンは絶対に避けることはできません。

テクニカル分析のスキルが低くて分析に誤りがあったり、
前の記事にも書いたような突発的な出来事が起こったりして、
だましになるのかもしれません。

でも一番大きい理由は為替市場に参加している人たちの総意で、
為替レートが動いているからだと思います。

つまり為替レートは人間の思惑で動いていて、機械的には動いていないということです。

チャートだけを見ていても、そこには人間の思惑が入っていないので、
どうやっても完璧に予測することは不可能なんです。

そもそも完璧に予測できるとしたら、
誰でも儲けることができるということなんで絶対にありえないですね。

テクニカル分析は取引の判断材料となるもので大事ではあるんですけど、
完璧には分析できないということを知っておきましょう。

チャートを盲信しすぎない!

なんで完璧に分析にできないことを強調しているのかと言うと、
テクニカル分析を深く追求していくと、
このパターンなら絶対大丈夫と錯覚してしまうことがあるからです、、

だましのパターンで損をしてしまっても、
間違っているのは自分ではなくて、
相場が間違っていると思ってしまうことがあります、、

でも相場は常に正しくて、間違っているのは自分なんです。

もしかすると過去はそのパターンが当てはまっていたけど、
今はもう当てはまらないのかもしれません。

精度の高いサインだと思っていたけど、
実は精度の悪いサインだったのかもしれないです。

だましのパターンが続くようなときには、
今のやり方に問題ないのか疑ってみるのがいいと思います。

特にひとつのパターンを長く利用していると錯覚しやすいので、
心のどこかに完璧な分析はできないと留めておいたほうがいいですね。

ページ先頭へ戻る

ヒロセ通商タイアップキャンペーン

当サイト経由の申込み数ランキング1位 DMMFX
スプレッドが業界最狭水準!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 外為オンライン
かんたん操作の自動注文機能!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 GMOクリック証券
ツール使いやすさ2年連続1位!