地球上で一番わかりやすいFX講座! > ゼロから始めるテクニカル分析! >  移動平均線の向きはトレンドを表している!

移動平均線の向きはトレンドを表している!

前の記事では移動平均線がどんなものか説明しました。

今回の記事から移動平均線にどんな特徴、特性があるのかを
いくつかの記事に分けて紹介していきたい思います!

まずは、なんとなく分かっていればよいレベルのものから紹介します!

移動平均線の向きでトレンドが分かる!?

移動平均線は平均値の連続なので、
平均の特性をいかした色んな分析方法があると
「移動平均線ってなぁに?」でお伝えしました。

ここではそのうちのひとつである
移動平均線の向きに注目した分析を紹介します。

移動平均線の向きに注目!
(クリックで拡大します!)
移動平均線の向きに注目!

このチャートのAの部分を見ると、
ピンク線の移動平均線が上昇しているのが分かると思います!

移動平均線が右肩上がりということは、
直近の為替レートが上昇傾向にあって、平均値が高くなってきているということですね。

つまり移動平均線が右肩上がりの場合は、上昇トレンドであることを表しています。

次にBは移動平均線が右肩下がりに推移しているのが分かると思います。

これは上昇のときとは逆で、直近の為替レートが下落傾向にあって、
平均値が切り下がっているということです。

だから移動平均線の右肩下がりは、下降トレンドを表しています。

このように移動平均線が動いている方向を確認するだけで、
トレンドが分かるのがひとつの特徴になっています!

移動平均線が水平に近い動きをしているときは、
保ち合いの状態だということになります。

トレンドの向きは中期、長期の移動平均線で確認する!

上の例の移動平均線をよくよく見ると、
ローソク足と同じような動きをしていることが分かります。

ローソク足が上昇すれば、それに遅れて移動平均線も上昇して、
ローソク足が下落すれば、遅れて移動平均線が下降しています。

だったらトレンドが少しでも早く確認できるローソク足で
トレンドを確認したらいいんじゃないと思ったかもしれません!

それは確かにそのとおりです(汗)

ただ、ローソク足と移動平均線が同じような動きをするのは、
移動平均線の計算期間に関係していて、
比較的に計算期間が短い移動平均線はローソク足と似た動きになります。

上の例で使っている移動平均線は短期の移動平均線なので
ローソク足と同じような動きになっているんですね。

でも中期や長期の移動平均線はローソク足とはまた違った動きになるので、
そういう場合には移動平均線の方向からトレンドを確認することに意味がでてきます。

中期の移動平均線を追加!
(クリックで拡大します!)
中期の移動平均線を追加!

元のチャートに中期の移動平均線(緑色の線)を追加したのが上のチャートです。

中期の移動平均線は短期のものとは違って、
ローソク足とは全然違う動きになっているのが分かると思います!

移動平均線の向きは前半部分(画面左側)が
ゆるやかに下降しているので下降トレンドですね。

中盤以降(画面右側)はほぼ同じ値で推移しているので、
保ち合いということが移動平均線の向きから読み取れます。

このように為替レートが上下していてトレンドが分かりにくいときも
中期や長期の移動平均線を見れば大きなトレンドを確認することができます!

ただし、移動平均線はどうしてもローソク足より動くのが遅いので、
移動平均線の向きだけで売買タイミングを見つけるのは難しいです。

どうすればよいのかは次の記事でも補足します!

ページ先頭へ戻る

ヒロセ通商タイアップキャンペーン

当サイト経由の申込み数ランキング1位 DMMFX
スプレッドが業界最狭水準!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 外為オンライン
かんたん操作の自動注文機能!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 GMOクリック証券
ツール使いやすさ2年連続1位!