地球上で一番わかりやすいFX講座! > ゼロから始めるテクニカル分析! >  移動平均線を突き抜けると売買サイン!

移動平均線を突き抜けると売買サイン!

「移動平均線とローソク足の位置関係は?」でも紹介したように
移動平均線の向き、それとローソク足と移動平均線の位置関係、
この2つの条件でトレンドが分かると書きました。

移動平均線がチャート上にあるだけで
トレンドがどこにあるのか分かりやすくなりますね。

でも移動平均線はトレンドの場所が分かるだけではなくて、
売買タイミングの分析にも使えるので紹介したいと思います!

移動平均線を突き抜けるとトレンドが転換するサイン!

まずは前回の記事でも使ったチャートを見てください。
(下降トレンドを追加しました)

AとDがトレンド!
(クリックで拡大します!)
AとDがトレンド!

Aが上昇トレンドで、Dが下降トレンドですね!

B、Cは移動平均線の向き、位置関係のどちらかが
条件を満たせていなくてトレンドになっていない部分です。

今回注目したいのは、このBとCのほうですね。

よく見るとBとCは、上昇トレンドであるAと、下降トレンドのDに挟まれていて
トレンドが転換している箇所になっています。

そしてさらによく見ると、ローソク足が移動平均線を突き抜けているのが分かると思います。

たとえばBは上昇トレンドから下降トレンドへ転換している箇所で、
ローソク足が上から下に突き抜けていますね。

このようにトレンドが転換するところでは、
ローソク足が移動平均線を突き抜けやすいんです!

そしてトレンドが転換するところは
とてもよい売買タイミングになりやすいです。

トレンドが転換すると逆方向に動くことが多いので、
それを見越してポジションを持つと利益につなげやすいからですね。

こういう売買タイミングを示す兆候のことをサインとかシグナルといいます。

今回の場合なら「ローソク足が移動平均線を突き抜ける」のがサインになっていて、
Bの箇所を「売りのサイン」、Cの箇所を「買いのサイン」と言ったりします!

もう一度Bを見てみると、
Bの移動平均線を突き抜けたタイミングが「売りのサイン」なので、
ここで売りポジションを持ちます。

そうしてDの下降トレンドに乗れば利益を確保することができます。

このようにローソク足が移動平均線を突き抜けるのは、
代表的なサインとして知られていて、売買タイミングの目安にすることができます!

サインはどう生かすかはトレーダーの腕次第!

移動平均線の突き抜けサインは、
グランビルという移動平均線を考案した人が提唱しているサインのひとつです。

だから広く知られていて有効なサインなのは間違いありません。

それでもサインは確実なものではなくて、
サインがでても大きなトレンドが発生しないこともあります。

サインは確実ではない!
(クリックで拡大します!)
サインは確実ではない!

このチャートの印を付けたところは、
移動平均線を突き抜けている箇所なんですが、突き抜けた後の動きを見てください。

特に大きなトレンドが発生するわけでもなく、
すぐに反転していたり、移動平均線の周辺をうろついていたりしています。

これだとサイン通りに売買しても、
利益にするのは難しかったのではないかと思います。

サインは売買タイミングの目安になりますが、
それだけで稼ぐというのは基本的にできません。

このあたりのことは「完璧に分析することはできない!」でも書いていますが
サインは絶対的なものではないので注意してください。

ただサインは知らないよりは知っているほうが
トレードしやすいのは間違いないですね。

ということで、次の記事で移動平均線に関するサインをもうひとつ紹介します!

ページ先頭へ戻る

ヒロセ通商タイアップキャンペーン

当サイト経由の申込み数ランキング1位 DMMFX
スプレッドが業界最狭水準!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 外為オンライン
かんたん操作の自動注文機能!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 GMOクリック証券
ツール使いやすさ2年連続1位!