地球上で一番わかりやすいFX講座! > FX投資マインドの基礎! >  評価益は見ないほうがいい!

評価益は見ないほうがいい!

前回に為替バカもハマって損をしたパターンを紹介しましたけど、
もうひとつハマりやすいパターンを紹介します。

多分、誰もが一度や二度ハマってしまったことがあると思います!

お祈りトレードは危険!

もし、チャートを見ていて、
取引ルールの条件を満たしていたらエントリーしますよね。

そのあとってどうしてますか。

為替バカの場合、以前は評価益が上がったり、
下がったりするのをじっと眺めていることが多かったです。

別に眺めていて何かするわけじゃないんですけど、
気になって見てしまっていた感じですね。

それで思惑どおり上がり始めると「よし、いけっ」、
下がり始めたら「まじかー、がんばれ」とか思って眺めていました、、

それでもずるずる下がってしまったときには、
なんとか買ったところまで戻ってくれと、よくお祈りしていましたね、、

もう完全に感情に振り回されている状態です(汗)

お祈りは「FXあるある」だと思うんですけど、
お祈りを始めると、ちょっと危険信号ですよね。

元の水準まで戻ってほしいという気持ちが強くなりすぎて、
大した根拠もないのに戻るはずだと思い込んでしまいがちです。

それで頭の中には戻ったら決済しようという考えばかりになって、
損切り注文がなかなか出せなくなります、、

これはリターンをゼロにするためだけに、
大きいリスクを背負うことなので、
ものすごい不合理な選択をしているんですよね。

でもポジションを持っているときは、それに気付かないんです、、

しかもお祈りは意外に通じることが多いから
繰返しやってしまうんですけど、
これを繰り返していると、いつかは必ず大きな損をくらってしまいます!

だから「100%勝てると思った時は危険!」でも言いましたけど、
損切り注文はエントリーのときに、あらかじめ入れておくのが絶対にいいと思います!

ポジションを持ってから損切り注文を入れる人がいますけど、
ポジション保持中に損切りタイミングを判断するのは、
一部の上級者を除いてまず無理だと思います。

上がっても不安に襲われる!

逆に思惑どおりに動いてくれて、
含み益が順調にプラス1万、2万、3万と増えていて、
「よし、もっといけっ」と思っていたとします。

そんなときに、レートが逆に動いて含み益が1万円まで減ってきたら
もしかすると含み益がなくなるかもと不安になりませんか。

そのあとまたレートが動いてプラス2万になったと思ったときに
また1万まで下がったりするとさらに不安が増してきます。

含み益があるということは予測どおりに動いているはずなのに、
含み益が上下するのを見ていると
利益がなくなることに対して不安が大きくなってきます。

そして不安に耐えられなくなって
早めに決済してしまうということがあると思います。

これも「FXあるある」だと思うんですけど、
こういうのをチキン利食いと言うみたいですね。

「人間の選択は必ずしも合理的ではない!」
FXの勝ちパターンは損小利大と言いましたが、
チキン利食いで利益を小さくすると、
負けパターンの損大利小になりがちなんで利益を残していくのが難しくなります。

だから損切り注文と同じように、
エントリーのときに一緒に利食い注文もしていたほうがいいと思います。

それと含み益が上下するのを見ていると
どうしてもルール通りに注文できなくなるので見ないほうが身のためです。

ページ先頭へ戻る

ヒロセ通商タイアップキャンペーン

当サイト経由の申込み数ランキング1位 DMMFX
スプレッドが業界最狭水準!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 外為オンライン
かんたん操作の自動注文機能!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 GMOクリック証券
ツール使いやすさ2年連続1位!