地球上で一番わかりやすいFX講座! > FXのほんっっとうの基礎! >  通貨は常にペアで考えるのがFX!

通貨は常にペアで考えるのがFX!

FXってどうなったら利益がでるの?」では、
FXでは空売りというものができるようになっていて、
持っていない通貨でも売ることができると書きました。

これに関連して、ここではFXの通貨ペアについて説明したいと思います。

「米ドル/円を買う」と言ったら米ドルを買い、円を売るということ!

たとえば、外貨預金では買った通貨を売ることはあっても、
持っていない通貨を売ることはできません。

なので、外貨預金では取扱通貨の紹介などをみても、
米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、スイスフラン、、
というように、自分が買える通貨だけしか記載されていません。

でもFXの場合は外貨預金のように、
自分が買う外貨だけの記載では情報として不十分になってしまいます。

たとえば、米ドルを買おう!と思った場合に、
普通我々日本人なら円で米ドルを買うことをイメージすると思います。

この場合は米ドルの買い、円の売りということになります。

初心者の人は、この「円の売り」という表現に違和感を覚えるかもしれませんが、
こちらが円を払ってドルを買うということは、相手から考えてみれば、
ドルを払って円を買うということです。

ということは円を売ったことになりますよね?

そして、FXでは円だけではなく、
今現在持っていない通貨も売ることができます。

なので、米ドルを買う時に円はもちろん、
カナダドルでもスイスフランでも買うことができるのです!

つまり、FXでは、一言に米ドルを買うと言っても、

  • 円で米ドルを買う
  • カナダドルで米ドルを買う
  • スイスフランで米ドルを買う

などなど、いろんな通貨を使って米ドルを買うことができるのです!

なので、FXでの通貨は常にペアで考えます。

たとえば、円を使って米ドルを買う場合は米ドル/円、
カナダドルを使って米ドルを買う場合は米ドル/カナダドル、
スイスフランを使って米ドルを買う場合は米ドル/スイスフラン、
という風な感じになります。

そして、FXで「米ドル/円を買う」と表現した場合は、
米ドルを買って、円を売るという意味になります。

「○○/△△を買う」と言った場合の「買う」という表現は、
左の通貨○○に対しての行為という決まりがあるんです!

また、「○○/△△を買う」の場合は暗に△△を売るという意味でもあります。

じゃあ、「米ドル/円を売る」と言った場合は?

じゃあ、「米ドル/円を売る」と言った場合どうなるんでしょうか?

この場合も上の法則が全くそのままあてはまりますので、
米ドルを売って円を買うという意味になります。

たとえば、米ドル/円のレートがこれから下がりそうだ!(つまり円高になりそう)と思っているときは、
円を買っておいた方が儲かります。

なので、そういう場合は米ドル/円の売りをするわけです。

カナダドルが上がりそうだけど、米ドルは怪しいな、、と思ったら、
米ドル/カナダドルの売りをすれば、米ドル売り、カナダドル買いになるので、
両方の予測を満たした注文ができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと難しいかもしれませんが、どうですか?

FXってすごく自由度の高い金融商品だと思いません?

為替バカはFXの仕組を理解するのは株より少し難しかったですが、
金融商品としては、株より優れていると思っています。

レバレッジがかけられたり、売りから入れたり、、
とにかくあらゆる面で自由度が高いのがFXなんです!

ページ先頭へ戻る

ヒロセ通商タイアップキャンペーン

当サイト経由の申込み数ランキング1位 DMMFX
スプレッドが業界最狭水準!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 外為オンライン
かんたん操作の自動注文機能!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 GMOクリック証券
ツール使いやすさ2年連続1位!