地球上で一番わかりやすいFX講座! > 現在主要なFX業者の一覧 >  GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券 手数料が無料で米ドル/円のスプレッドが原則固定で0.3銭と驚異的に取引コストが安い業者です。サービスもかなり充実していて、FX初心者への配慮も随所に感じることができます。たとえば、入金なしでログインすることができるので、FX初心者の人でも、とりあえず使用感を試してみてから本当に使うかどうかを決めることも可能です!また、親会社がIT企業ということもあって、システムを低コストで開発できるため、基本的にツール類は他の業者よりワンランククオリティが高い印象です。スペックはかなりいいので、コストパフォーマンスとしては、現状業界トップクラスと言っていいのではないでしょうか。

スペック表

2017年7月31日時点の情報です。

片道手数料

手数料 1000通貨 -
1万通貨 0円
取引単位 1万通貨

スプレッド

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 0.3銭
英ポンド/円 1銭
ユーロ/円 0.5銭
豪ドル/円 0.7銭
NZドル/円 1.2銭
南ア/円 1.3銭
主要通貨合計 5銭
原則固定

注文機能

2WAY注文
逆指値
IFD注文
OCO注文
IFO注文
トレール注文 ×
両建て

証拠金

初回入金 設定なし
最低証拠金 48,000円
自動ロスカット 50%

取扱通貨ペア

*GMOクリック証券は全19通貨ペアを取り扱っています。
米ドル/円 英ポンド/円 ユーロ/円
カナダドル/円 スイスフラン/円 豪ドル/円
NZドル/円 南ア/円 韓国ウォン/円 ×
中国元/円 × トルコリラ/円 メキシコペソ/円 ×
ユーロ/米ドル ユーロ/英ポンド 英ポンド/米ドル
英ポンド/スイスフラン 米ドル/カナダドル × 米ドル/香港ドル ×

スワップ

通貨ペア
米ドル/円 34円 -36円
英ポンド/円 6円 -9円
ユーロ/円 -15円 12円
豪ドル/円 38円 -41円
NZドル/円 41円 -44円
南ア/円 19円 -22円
トルコリラ/円 - -
主要通貨合計 123円 -140円

スワップ関連情報

決済せずにスワップ益のみを出金
決済せずにスワップ益で新規ポジション建て
ロールオーバー時に値洗いするか? ×

対応スマートフォン/モバイル

iPhone iモード
Android EZweb
Yahoo!ケータイ

会社概要

社名 GMOクリック証券株式会社
キャンペーン 口座開設+取引で最大30,000円キャッシュバック!
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第77号
資本金 43億4,666万3,925円(2017年3月末現在)
上場 JASDAQ
自己資本規制比率 467.1%(2017年6月末)
信託保全 三井住友銀行、みずほ信託銀行
入金なしログイン

GMOクリック証券のログイン画面ってどんな感じ?(クリックで拡大します!)

ログイン直後の画面 FXneoのトップ画面 注文画面
ログイン直後の画面 FXneoのトップ画面 注文画面

ログイン直後の画面

GMOクリック証券のログイン直後の画面です。

GMOクリック証券は株やFX、先物やCFDなど、
多彩な投資商品をひとつのログインアカウントで管理していますので、
ログイン直後の画面は他の業者とちょっと雰囲気が違っていて、
まずマイページというところにログインします。

FXneoのトップ画面

その後、株の取引きをやるなら「株式」のタブを、
FXをやるなら「FXneo」のタブをクリックします。

するとFXの取引画面に移るので、ここからが日常的にFXで使う画面になっていきます。

注文画面

注文画面です。

上記画面は成り行き注文になるので、
許容スリッページが指定できるようになっています。

GMOクリック証券のチャートってどんな感じ?(クリックで拡大します!)

GMOクリック証券のチャートは、FXチャートとPlatinumチャートの2種類があります。

FXチャート
FXチャート
Platinumチャート
Platinumチャート

両方とも無料では使えますが、明らかにPlatinumチャートの方が高機能で優れています。

ウィンドウを画面いっぱいに広げれば、いろんな情報を同時に観ることができますし、
テクニカルチャートも同時出し可能です。

さらに為替レートに連動してチャートがリアルタイムに描画されていきますので、
FX初心者の人であれば、Platinumチャートで十分でしょう。

また、Plutinumチャートは画面下半分の為替レートの一覧部分とニュース部分を×ボタンで消して、
テクニカル指標を複数表示することや、チャートを4分割して表示することも可能です。

Platinumチャートのテクニカル指標
Platinumチャートのテクニカル指標
Platinumチャート4分割表示
Platinumチャート4分割表示

為替バカから見た、GMOクリック証券の特徴!

GMOインターネット証券にはじまり、クリック証券、
GMOクリック証券と社名変更してきた業者ですが、運営母体の会社は実質同じです。

一番の特徴はやっぱりスプレッドが狭く、取引コストが究極に安いということに尽きるでしょう。

短期売買を相当やる人にとってはこのスプレッドはかなりメリットがあると思いますが、
為替バカの個人的な意見を言えば、0.4銭とか0.3銭とかの違いになってくれば、
取引コスト以外の要素も重視してもいいのかな?という印象も受けたりします。

要は今はもうどの業者もある程度安いということです。

0.5銭の業者にするか?0.3銭の業者にするかを本当に気にすべき人は、
スキャルピングなどの超短期売買をする人に限られる
と思います。

ログイン画面は上の画像を見てもらえればわかるとおり、
情報がすごくまとまっていて、初心者でも使いやすいです。

親会社がシステム会社なので、質の高いツールを安く開発できるのもこの業者の売りで、
はっちゅう君FXをはじめとするスマホアプリもかなり充実しています。

スワップ狙いではなく、比較的短期で取引する人にはおすすめの業者です。

「GMOクリック証券の詳細・口座開設」に進む!
前のページ「マネーパートナーズ
次のページ「外為ジャパン

ページ先頭へ戻る

ヒロセ通商タイアップキャンペーン

当サイト経由の申込み数ランキング1位 DMMFX
スプレッドが業界最狭水準!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 外為オンライン
かんたん操作の自動注文機能!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 GMOクリック証券
ツール使いやすさ2年連続1位!