地球上で一番わかりやすいFX講座! > 現在主要なFX業者の一覧 >  SBI FXトレード

SBI FXトレード

SBI FXトレード な、なんと、ついに1通貨から取引が可能なFX業者が登場しました!たとえば、米ドル/円なら証拠金はたったの4円から取引が可能です。さらにこのFX業者、スプレッドも米ドル/円が原則固定で0.27銭と驚くべき狭さになっています。1通貨単位の少額から取引ができて、スプレッドも狭いだけあって、オリコン顧客満足度ランキングの初心者満足度1位を獲得している業者です!
為替バカも自信を持ってFX初心者におすすめできるFX業者です。


スペック表

2016年11月1日時点の情報です。

片道手数料

手数料 1000通貨 0円
1万通貨 0円
取引単位 1通貨

スプレッド

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 0.27銭
英ポンド/円 1.19銭
ユーロ/円 0.69銭
豪ドル/円 0.77銭
NZドル/円 1.79銭
南ア/円 0.99銭
主要通貨合計 5.7銭
原則固定

注文機能

2WAY注文
逆指値
IFD注文
OCO注文
IFO注文
トレール注文
両建て

証拠金

初回入金 設定なし
最低証拠金 48,000円
自動ロスカット 50%

取扱通貨ペア

*SBI FXトレードは全26通貨ペアを取り扱っています。
米ドル/円 英ポンド/円 ユーロ/円
カナダドル/円 スイスフラン/円 豪ドル/円
NZドル/円 南ア/円 韓国ウォン/円
中国元/円 トルコリラ/円 メキシコペソ/円 ×
ユーロ/米ドル ユーロ/英ポンド 英ポンド/米ドル
英ポンド/スイスフラン 米ドル/カナダドル 米ドル/香港ドル ×

スワップ

通貨ペア
米ドル/円 33円 -34円
英ポンド/円 10円 -12円
ユーロ/円 -15円 13円
豪ドル/円 41円 -43円
NZドル/円 40円 -42円
南ア/円 17円 -18円
トルコリラ/円 - -
主要通貨合計 126円 -136円

スワップ関連情報

決済せずにスワップ益のみを出金
決済せずにスワップ益で新規ポジション建て
ロールオーバー時に値洗いするか? ×

対応スマートフォン/モバイル

iPhone iモード
Android EZweb
Yahoo!ケータイ

会社概要

社名 SBI FXトレード株式会社
キャンペーン 口座開設+ログインで500円プレゼント(口座開設:2017年7月1日5時半まで、ログイン:2017年7月15日5時半まで)
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第2635号
資本金 4億8,000万円(2016年3月末現在)
主要株主 SBIリクイディティ・マーケット株式会社
上場 非上場
自己資本規制比率 931.8%(2017年3月末)
信託保全 三井住友銀行
入金なしログイン

SBIFXトレードのログイン画面ってどんな感じ?(クリックで拡大します!)

ログイン直後の画面 注文画面 必要証拠金一覧画面
ログイン直後の画面 注文画面 必要証拠金一覧画面

ログイン直後の画面

SBIFXトレードのログイン画面です。

ごく普通ですね。

注文画面

SBIFX最大の売りは1通貨からの取引が可能で、
かつ米ドル/円のスプレッドが0.27銭というところなんですが、
本当に1通貨からの取引が0.27銭でできるということが確認できます。

すごいです。

ただ、1万通貨を超える取引になると、
スプレッドは少し広がってしまい、0.48銭になります。

厳密に言うと10,000通貨までの取引はスプレッド0.27銭、
10,001通貨からの取引はスプレッド0.48銭となります。

10,000通貨までのスプレッド
10,000通貨までのスプレッド
→
10,001通貨以上のスプレッド
10,001通貨以上のスプレッド

・・・・・・・・・

それでもかなり安いですけどね(笑)

ちなみに、50,000通貨までは0.48銭、50,001通貨以上は0.78銭になります。

つまり、手数料を抑えたい場合は、
1万通貨単位で買い増していく方がお得なのはお得ということですね。

10,001通貨の時点でスプレッドが広がるので、
10000通貨の取引だと手数料は27円、
10001通貨の取引だと手数料は48.0048円になります。

1通貨のために19.0048円の手数料がかかってしまうことになるので、
SBIFXで取引するなら、スプレッドが広がるポイントは意識しておいた方がいいですね。

通貨数の入力は手入力でもできますが、
一応10通貨、100通貨、1000通貨、1万、10万、100万というボタンも用意されています。

必要証拠金一覧画面

こちらもSBIFXトレードならではですが、
1通貨単位での必要証拠金の一覧が掲載されています。

基準価格が現在のレートになっていて、
それのきっちり25分の1に設定されています。

この記事を書いている時点では、
1米ドルなら3.1677円、つまり4円入金すれば取引可能ということになります(笑)

SBIFXのチャートってどんな感じ?(クリックで拡大します!)

SBIFXのチャートはブラウザ上で使う簡単なものと、
インストール使う高機能なものの2種類が用意されています。

簡易チャート
簡易チャート

上記はブラウザで使える簡単なチャートですが、
テクニカル指標の同時出しなど、最低限の機能は備えています。

初心者はこれでも事足りるかもしれません。

インストール型ツールのチャート
インストール型トレードツールのチャート

こちらは画面の保存から描画まで、高度な分析が可能になっています。

為替バカから見た、SBIFXトレードの特徴!

とにかく革命的なスペックを提示してきている業者なんですが、
そのスペックを細かく見ていくと、
徹底的に初心者を意識しているということを感じます。

取引単位が1通貨になっている点はもちろんそうですが、
上でも書いた通りスプレッドは小口取引ほど小さくなっている業者なんです。

ミニマムチャージといって、小口取引ほど手数料が割高になるのが普通ですが、
SBIFXは真逆で、大口取引ほど手数料が割高になるように設定されています。

そういう意味では巨額を運用したい人にとっては、
他の業者の方がスペックが高くなる場合もあるかもしれません。

ちなみに取引通貨のボリュームごとのスプレッドとしては、

1回あたりの取引通貨数 スプレッド
1通貨から10,000通貨 0.27銭
10,001通貨から50,000通貨 0.48銭
50,001通貨から300,000通貨 0.78銭
300,001通貨から500,000通貨 0.78銭
500,001通貨から1000,000通貨 0.78銭
1000,001通貨から2000,000通貨 0.99銭
2000,001通貨から5000,000通貨 1.19銭
5000,001通貨以上 4.00銭

というような感じになっています。

500万通貨以上の取引になると4.00銭までスプレッドが広がりますが、
1回あたりの取引量なので、我々個人投資家にとってはあまり関係ないと思います。

5万通貨までは0.48銭ですから他社と比べてもかなり安いです。

それ以上になると、場合によっては他社の方がメリットが出る可能性はありますが、
少額から始めたい初心者にとってはかなりメリットのある設定となっていると思います。

バーチャルトレードをするくらいなら、
SBIFXに口座開設して4円でもいいので証拠金を入れて、
相場を肌で感じる方が絶対にいいと思います。

為替バカもまだ使用中ですが、初心者にはかなりオススメな業者だと思います!

「SBIFXトレードの詳細・口座開設」に進む!

ページ先頭へ戻る

ヒロセ通商タイアップキャンペーン

当サイト経由の申込み数ランキング1位 DMMFX
スプレッドが業界最狭水準!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 外為オンライン
かんたん操作の自動注文機能!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 GMOクリック証券
ツール使いやすさ2年連続1位!